東進ハイスクールはトップレベルの大学受験予備校

東進ハイスクールは、全国規模の大学受験予備校で、関東エリアを中心に、フランチャイズ校を含めて約千校を展開しています。

運営の株式企業のナガセは、塾やスイミングスクールなど多数を手掛けていますし、教育事業が中心なので信頼出来ると考えられます。

1976年に設立され、その後も継続的に実績を積み重ねているので、歴史ある大学受験予備校だと評価出来ます。

 

・東進ハイスクールの特徴

経営面の特徴は、1971年にアパートから始まった進学塾をルーツ持ち、後に株式企業が経営するスタイルに変化していることです。

当時は、株式会社が予備校を経営するのは珍しかったので、自然と話題になりましたが、今日まで実績を積み重ね、名実共に代表的な予備校になったといえるでしょう。

1988年には、実力のある有名講師を競合校から招き始め、本格的な進学予備校として進化を遂げています。

また、現役中心の運営を掲げ、合格率を高く引き上げた点も注目に値します。

東進ハイスクールの学習方法は、ほぼビデオオンデマンド形式で、映像を見ながら学ぶのが特徴です。

一見すると、これで学習内容が頭に入るのか、実力は付くのかと疑問に思われがちですが、何より合格率という結果が全てを物語っています。

詳細な数字は、校舎ごとに多少の差はありますが、この予備校全体では今も日本一の合格率を誇ります。

専門分野に特化した講師が講義を担うので、より深くまで効率的に学べるのは勿論、話術で記憶しやすいように工夫されているのも注目点です。

講師によっては、テレビコマーシャルで顔を出したり、番組に取り上げられる程ですから、メディアでも東進ハイスクールの特徴的な講師の一部を垣間見ることが出来ます。

当然ながら、授業中は目の前の課題に集中して取り組むので、注意力が散漫になる心配はなく、むしろメリハリが付いたりリラックス出来るといえます。

 

・合格率がトップクラスの東進ハイスクール

受験生は時に、限界を超えて無理をしてしまいますが、これまで何人も合格者を輩出してきた講師の下でなら、無理なく学べるので理想的です。

学習方法が映像配信、というのは懸念事項になり得ますが、音声のある教材だと考えれば、実際に役立つ勉強の拠り所となります。

何処で誰に学べば良いか悩む場合は、実績を残している予備校を絞り込み、評判を総合的に評価することで見付けやすくなるはずです。

例えば、東進ハイスクールは合格率がトップクラスで、多くの生徒は第一志望の合格を果たしています。

更に、ある程度生徒のペースで学べますし、直接的な授業が苦手な人でも受けられますから、単なる優れた予備校だけではないと結論付けられます。

月1回、担任は生徒の学習内容やペースを分析して、生徒に合った講座を推薦したり、合格に向けて指導面談が行われます。

これらの役回りは社員の仕事ですが、個別に分析して対応してくれるので、生徒にとって心強い存在となっています。

約3万円程の指導費は発生するものの、入学時や更新時に支払いますから、必要なコストとして捉えたり、納得して納めることが出来るでしょう。

ハイスクールに在籍中、4講座以上の単科講座を取得する場合は倍額アップになるので、このあたりは志望校や学習内容などを考えて決めることが必要です。

 

・東進模試

一方、東進模試は東進ハイスクールの特徴的な伝統で、大学受験対策に採り入れられ、一定の実績を残している仕組みです。

かつては絶対評価方式を採用していましたが、現在は相対評価も採用することで、バランス良く合格が目指せるようになっています。

センター試験の模試は本格的で、高校1、2年生に対し、年6回のペースで実施されます。

難易度や評価形式は、実際の模試に準じて設定されていますから、生徒は本番に近い本気の気持ちで挑戦することが出来ます。

最終的な模試の結果は、第一志望校の合格まで後何点、といった表示方法なので、合格にどれだけ近付けたか結果でわかるのが魅力的です。

模試は各教科を個別に挑戦出来ますし、試験を終えた後は約1週間後に成績表が返却されるので、自らの実力を生徒は客観的に理解したり分析することが可能です。

成績表が返却されるだけでなく、映像による解説講座の視聴も可能となりますから、ウィークポイントを理解してから克服することも出来ます。

大学受験の合格は、生徒の挑戦があってこそ目指せますが、逆にやる気が削がれ諦めが見え隠れしてしまえば、合格を目指したり手にすることは困難になります。

やる気の維持、これは生徒のペースに合った学習をすることで、最後まで諦めることなく大学受験の本番へと結び付きます。

学習に躓いている人は、自らのペースを損ねてしまい、焦りに追われることが受験の諦めや失敗に繋がります。

東進ハイスクールであれば、学習内容の巻き戻しにも対応していますから、学習の途中で理解が及ばない部分が発生しても安心です。

その証拠に、校舎は全国に設置され、集中的に取り組んで合格が目指したり、実際に合格出来たという声が各地から届いています。

生徒の本気や悩みに応えてくれますから、第一志望を見付けて合格したいと思った場合は、予備校の第一志望として検討してみると良いでしょう。

※詳しくは東進MSG 評判も参考