貸別荘で家族パーティー

外国の郊外のお金持ちの家のように広々とした敷地に素敵なインテリアがある住宅に住みたいと願う人はたくさんいることでしょう。

貸別荘を利用すれば短期間ですがそんな夢が叶います。

日本においても貸別荘というものはあって、そういう場所では大抵近所か敷地内の別宅に管理人が住んでいて、庭でのバーベキューや設備の使い方の説明などをしてくれます。

■コテージと違って部屋数が多い

コテージやログハウスとの違いは、その部屋数でしょうか。

貸別荘と呼ばれる場所では最低でも5ベッドルームはあるようで、大人数での利用が可能です。

私も去年、主人の一族とそんな貸別荘でのパーティーを楽しみました。

一泊二日で住宅分のお金だけでよく、管理人に頼んでおけば庭でのパーティーをしてくれるということでした。

食料は基本的に持ち込みで自炊ですが、プランによっては管理人が配達などで用意してくれることもあるらしく、私達は地元の大きなスーパーで色々と買い込んで庭でバーベキューをすることに。

主人の一族は数が多く、結局4家族12人での利用でした。

別荘にはゲームや本など退屈を紛らわせてくれる数々のオモチャがあり、驚いたのはピアノだけでなくギターやフルートもあったこと。

音楽をする人は周辺に気兼ねなく演奏できるのでしょう。

夕方から庭にテーブルやイスを並べてくれたのでそこでバーベキューをしました。

炊飯器や調味料など料理道具などはたくさんありましたが、以前ここを使ったグループがそのまま置いて行ったというものも多く、よく見ると賞味期限が切れていたりしたので管理する人がどこまで気がきくか、という問題もありますが、気になる人は食材の全ては自分達で持って行くのが良いと思われます。

■人気の貸別荘は早めの予約が必須

家族で借りるのも楽しいですが、やはりオススメは友達や仲間同士で借りることでしょう。

大学のサークルや同窓会など、もしくはたまのママ友会をそういう場所でするのも良いのではないでしょうか。

自然に囲まれたゴージャスな豪邸で周囲には住宅がないので騒音で迷惑をかけることもありません。

時間を気にせず気のおけない仲間たちと過ごせば、きっと絆はまた強くなることでしょう。

土日祝日はどこも満員であることが多く、人気のある貸別荘では予約が2年待ちなどもあります。

気になるところがあれば、早く借りることが出来るのは平日です。

インターネットで気軽に検索や予約、質問などをすることも出来ますから、非日常を手軽に味わえる豪邸でのひと時を楽しんでください。

※「宮古島 貸別荘 プール」より一部引用