資金調達の特徴とその方法

資金調達の重要性

資金調達はその名前の通り、活動目的に必要な資金を準備することを指します。
企業や団体といった組織だけでなく、個人にも用いられるケースもある言葉です。
資本主義経済の社会では、資金が活動の原動力となるので、重要性が高いと認識されています。

また経済を動かす重要性から、資本主義社会では複数の資金調達方法が用意されます。
実際の方法はいくつかありますが、一つにはやはり借り入れて準備するやり方が浮上します。

借り入れ

借り入れは資金調達の最も原始的な方法で、確実性の高さや計画の立てやすさが特徴的です。
相手は家族や友人に加えて、銀行を始めとした金融機関に投資家など様々です。

企業が資金を必要とする場合、個人を相手とした借り入れには限度があるので、大きな事業を始める際には金融機関が選ばれます。
逆に工場の設備投資や改修などでは、個人に借り入れを申し出たり融資が行われる場合もあります。

いずれも借金という形になるので、返済を前提とした借り入れの認識と、事前に返済の約束を取り決めることが重要です。
金融機関の場合は問題になりにくいですが、個人間では契約のあり方が後のトラブルに発展しがちです。

契約書類なしの口約束はトラブルの元なので、信頼の置ける間柄であっても、資金調達は契約と考えて約束する必要があります。

銀行で融資を受けるケース

一方で銀行に融資を求めるケースでは、借り入れを希望する側の信用力と、確実性を重視した返済能力が問われます。
数千万円単位の借り入れとなることもあるので、金融機関の審査は厳しく、現実に即した判断が下される傾向です。

投資家に協力を要請する

将来性や可能性に自信があって、高額な資金を必要とする時は、投資家に協力を要請する方法もあります。
現在は、投資におけるインターネットの活用が盛んなことから、ネットを通した資金調達の選択肢が増えています。

参考:資金調達に有効な個人投資家からの借入について

スタートアップやベンチャーキャピタルの投資も賑わっているので、これらに該当する企業、あるいは個人にとって朗報といえます。

クラウドファンディング

今ではクラウドファンディングというやり方もあって、個人がプロジェクトを立ち上げて賛同を呼び掛けたり、資金集めができるようになっています。
簡易的な市場調査や、ビジネスの今後を占う切っ掛けにもなるので、クラウドファンディングを活用したビジネススタートも少なくないのが現状です。

政策金融公庫

反対に無難な選択肢は政策金融公庫で、これといったデメリットはなく、無担保で創業前でも借りられるのが魅力です。
他にも返済が不要な補助金や助成金など、資金を確保する方法は数多く用意されています。