事業融資を円滑に受けるために

⒈黒字倒産もあるのが経営の世界

長期間の支払いサイトや新規事業のための材料調達などの為に、事業主の皆さまは常に十分なキャッシュフローを必要としています。
黒字経営を続けていても、資金繰りは常に頭のいたい問題で、その調達に失敗すると財務体質が良好でも倒産の憂き目に遭遇することも珍しくないのです。

ところが運転資金のための現金を用意するというのは簡単ではなく、通常は取引先の金融機関などにつなぎ融資などを要請することになります。
とはいっても銀行などでは融資の通貨のためには事業者の財務状況やこの先の将来性が、貸し金金利を上回ることが要求されたり、担保やまとまった預金など担保を差し出すことが出来ない限り、実際には融資に至らないことがあります。

ましてや赤字経営だったり税金の滞納などが発覚するとまず融資を得るのは困難となるのが現実です。
このような状況でも融資を可能にするのが事業融資になります。
現在主にサービスを提供しているのは、咽喉系金融機関が提供するビジネスローンと、ファクタリング事業者です。

⒉ビジネスローンとファクタリングについて

ビジネスローンは主に中小企業や個人事業主の方の資金需要にお答えするのが特徴です。
事業主などは給与所得者などのサラリーマンとちがって、収入が不安定なので一般融資を通過するのは困難です。

貸し出し金利は元本に応じて3-18%と住宅ローンなどに比較すれば利率は高めですが、融資限度額も最高で1000万円などの金融機関もあるので、事業主の方の資金需要にもお答えすることが可能です。

事業融資で最近利用する機会が増えているのが、ファクタリング業者になります。
ファクタリングとは支払いサイト到来前の売掛金債権などを、ファクタリング事業者が償還請求権なしで買い取って、先に現金化するというものおです。

⒊健全な取引先さえ確保しておけばOK

現金化の際の手数料などが、一般的な融資における利率に相当するものと考えることが出来ます。
ファクタリングの特徴は融資を希望する事業者の経営状態ではなく、売掛金債権を有している取引先の信用性になります。

そのため赤字経営や税金滞納などの問題を抱えていても、健全な取引先さえ確保しておけば心筋需要を柔軟に解決することができるのは大きなメリットです。

ただしファクタリングを利用していることは通知することで取引先に明らかになるので、信用状況に不安を抱かせる可能性があります。
そこでファクタリング会社と事業融資を受ける会社だけで取引をすませてしまう2社間ファクタリングなども登場しています。