矯正歯科とは

人間にとって「噛み合わせ」とは生きていく上でとても大切な要因になります。

この「噛み合わせ」が狂うことにより首の痛みや頭痛、発熱など様々な疾患や機能障害を引き起こします。
この「噛み合わせ」が原因となる疾患などは出来るだけ早く「矯正歯科」に行き、歯並びや上顎骨、下顎骨などの矯正してもらわなければなりません。

「矯正歯科」とは歯科の一つで、不正咬合や顎の変形などを治療することであり、歯科や小児歯科、口腔外科などで治療を受けることができます。

不正咬合とは、顔面や歯並びなどが何らかの原因によって正常ではない状態になり機能的にも正常には働かなくなつてしまい、噛み合わせがうまくできなくなってしまう状態をいいます。

この矯正歯科に受診する患者さんの目的は歯並びを良くし美しく見せる為に受ける人もいれば、歯並びを正しくすることにより、プラークがつきにくくなったり歯のがたつきがなくなったり虫歯や歯槽膿漏になりにくくなったるので予防のためとして矯正歯科を受ける人もいます。

この矯正歯科の治療法としては歯にワイヤーなどで一定の力を加えて歯並びを治していったり、上顎骨や下顎骨などの形状に変化をつけることにより歯並びを治していく方法などがあります。

矯正歯科には大きく3つの効果があるといわれています。
一つは「審美性」です。これは、歯並びが綺麗に揃うだけでなく顔自体の形も変わり歪みが改善されるのです。

次は「噛み合わせ」です。
これは、一番の目的といってもいいと思います。
噛み合わせが治ることで頭痛や肩こり、首の痛みや顔の歪みなども改善されます。

最後に「虫歯になりにくく歯槽膿漏の予防や進行の抑制」です。
歯を抜かなければならなくなる最大の原因となる虫歯や歯槽膿漏は歯の隙間や歯茎の間に入るプラークが原因となります。

矯正歯科で歯並びがよくなるとプラークがつきにくくなり健康な歯を保てることになります。
80歳を過ぎても自分の歯を20本以上持つている人は歯並びが良いという報告もあります。

新潟のささくら矯正歯科クリニックのホームページはこちら