疲れが溜まった手を癒すためのハンドセラピー

毎日のようにデスクワークを行っていたり、スマートフォンなどの機器を操作し続けている人は、かなりの疲労が手元に溜まっている場合もあります。

その疲労感が原因で手元が乾燥してしまったり、皮膚の中に毒素が増える事でシワが増える原因になる場合もあるので、定期的にハンドセラピーで疲労を解消しましょう。

仕事でデスクワークを頑張っている人は、指の関節部分に疲れが溜まりやすく、その疲労感によって指が動かしにくくなってしまう人も少なくありません。

ハンドセラピーで指の関節をマッサージする際には、関節部分を撫で回す程度にしておき、あまり強い力で関節を動かさない事がおすすめです。

強い力で関節を動かし続けていると、関節を痛めてしまう可能性もありますし、そこまで強く刺激しなくても疲労を解消する事はできます。

体液の流れが滞っている時にも、関節の周囲へのマッサージは効果的で、冷え性に悩まされている人にもぴったりです。

すぐに手首が痛くなってしまうという人は、手首の周囲の筋肉をマッサージして柔らかくしておくと、筋肉が手首を支える力を強めやすくなります。

パソコンやスマートフォンを操作していて、すぐに腱鞘炎になってしまう人も、ハンドセラピーで手首をしっかりと癒しておきましょう。

手元に疲労感が溜まっていると、肌の色合いが悪くなってきたり、シワが増える原因になってしまいますから、定期的にハンドセラピーを行う事が重要です。

手首から腕にかけての範囲もマッサージしておくと、指先までの血流もスムーズになりやすいので、冷え性気味な人はマッサージを広い範囲に行う事を推奨します。

スキンケア用のクリームなどを使いながらハンドセラピーを行う際には、なるべく毛穴を押し潰さないように、優しく皮膚を撫で回してマッサージをしてください。

そうする事でクリームのスキンケア効果が毛穴の奥まで届きやすくなって、よりシミやシワ対策の効果を発揮するようになります。

出典:カルナーキュア